鍛造素材から削り出されるフレームがもたらす耐久性と剛性感溢れる巻き心地は、カルカッタコンクエストの真髄と呼ぶべきもの。
これにさらなる磨きを掛け、キャスト性能とコンパクト性を向上させたのがNEWカルカッタコンクエストです。
駆動中枢にはX-SHIPとマイクロモジュールギアを搭載。
ギアの耐久性と回転フィーリングが向上するとともに、ラインから伝わる情報を曇らせるギアノイズが激減しました。
また、S3Dスプールを採用することによってキャスト時に起こるスプールの回転振動を抑制。
さらにスプールの大径化によりキャスト初期のスプール回転速度が抑えられ、後半においても伸びるようなキャスト性能を実現しました。
パーミング側のサイドプレートを小径化したSコンパクトボディを採り入れ、さらに小さく握りこめるようになりました。
遠心力ブレーキはフリップオープン式で、釣りの途中でも外から簡単に調整を行えます。



width"160"


ページ先頭へ