Super Distortion Tは改造をせず、ダイレクトにSuper Distortionをテレキャスターのブリッジにマウントするためのモデルです。ハイパワー・ハムバッカーの世界基準となっているオリジナルのSuper Distortionと同じ仕様になるように開発しました。

また、Super Distortion Tは古典的なテレキャスターのブリッジ側、つまり斜めになっている位置にマウントするという事実を考慮して開発を行いました。

パラレル・ハムバッキングとスプリット・モード用に4コンダクター・ケーブル(4芯)仕様になっています。


ページ先頭へ