NEW 1st Chair Drum Throne
1996年にTAMAが発表した1st Chair ドラムスローン。この”1st Chair”という言葉は、オーケストラにおけるコンサート・マスターと呼ばれるようなトップミュージシャンを指す言葉です。そのような『トップレベルのプレイヤーに相応しいドラムスローン(椅子)』という設計コンセプトのもと、このシリーズは生まれました。
1st Chair エルゴライダー 4脚 バックレスト付きスローン
今回のリニューアルのコンセプトは「体の中心(CORE)を安定させる」こと。人は体の中心を安定させることで、肉体的に高いパフォーマンスを発揮出来ると言われています。それはドラムのプレイにも当てはまり、スローンに座った際に体の中心が安定していると軸がブレることなく、パワフルなサウンドや、スピーディなフレーズを楽にこなせるようになるのです。
新1st Chairはこの“COREの安定”を目指し、シートホルダーのロッド固定方式の変更に加え、脚部の形状変更や脚ゴムの接地面積の向上、そしてステー部分の低重心化を図るなど、更なる安定性を追求。スローンのガタつきを限りなくゼロに近付けたことで、プレイ中の身体のブレをシャットアウト。座った瞬間、まるで自分の身体が大地に根を張ったような圧倒的な安定感を体感して頂けます。このスローンとの出会いがあなたのパフォーマンスを飛躍的に向上させてくれることでしょう。
<HT741B [1st Chair エルゴライダー 4脚 バックレスト付きスローン]>
丸座シートの汎用性とサドルシートの機能性を併せ持った“Ergo-Rider(エルゴライダー)”シートに、新4脚ベースとバックレスト・ユニットを組み合わせた1st Chairドラムスローン。人間工学に基づいて設計された特殊形状シートは、やや柔らかめで長時間での演奏の際でも快適な座り心地をもたらします(座面の素材は一般的なPVC(合成皮革)を採用しています)。ベース部には、脚部の形状変更や脚ゴムの接地面積の向上、そしてステー部分の低重心化を図った新設計の4脚ベースを。座面との取付け部の新設計シートホルダー”シートロック”との組み合わせにより、まるで自分の身体が大地に根を張ったような圧倒的な安定感を体感して頂けます。
●シート部 : Ergo-Rider(特殊形状)、PVCトップ (HTS7B) [高さ: 約120mm / 縦: 約370mm / 幅: 約440mm *高さはシートホルダー部を含まず] +バックレスト・ユニット (HTB5B)
●ベース部 : スクリューロッド 新4脚ベース (HSB4N)
<スペック>
■エルゴライダー・シート / 椅子に座る際に最も負担が掛かるのは坐骨付近です。TAMAオリジナルのErgo-Rider(エルゴライダー)シートでは従来の発泡ウレタンの坐骨が当 る部分2箇所に窪みを設け、その上に20mm厚のスポンジを挿入。これにより体に掛かる負担を大きく分散させ、長時間のプレイによる疲労の蓄積を軽減する ことが出来ます。
■1st Chair Height Adjustment: 1st Chair 高さ調整] / 1st Chairは、パイプ式のように「大まかに素早く高さを調節できる」機構と、スクリュー式のように「細かく高さを調節できる」機構を併せ持ったドラムス ローンです。
■Glide-Tite Grip Joint :グライド・タイト グリップ ジョイント / スクリューロッドを金属の面で固定することで、スローン下段のセンターパイプとの一体感を高め、安定性を向上させるジョイント構造。演奏中のセンターパイ プのガタつきを防止します。
■Super Stabilizer Design :スーパー スタビライザー デザイン / スローンの安定性を高めるために、脚の形状やステーの長さなど細部に至るまでデザインされた下段構造。ステーの三叉部分の高さを下げ全体の重心を低く設 定、さらに三又から脚ゴムへと繋がる脚板の間隔を広めにすることで演奏中の横ブレに対しての耐性も向上させました。
■ROCKLOK :ロック ロック / オリジナル機構”ROCKLOK”はスクリューロッド下端に取り付けられたナイロンブッシュが、下段パイプ内でロッドのガタつきを防止。プレイ中の不快な座面の揺れを無くし、かつスローン自体の十分な信頼性を獲得しています。
■Oversized Rubber Feet :オーバーサイズド ラバーフィート / 従来モデルより幅広で、接地面積を50%アップした大型の脚ゴム。様々な条件のフロア環境で高い安定性を提供します 。また、この脚ゴムを用いた場合でも3脚部を広げた際のスタンスは従来モデルと変わらず、余分な設置スペースを取ることはありません。
■Foot Life :フットライフ / 脚板の先をリベットで固定しそのまま脚ゴムを被せているスタンダードな脚部と異なり、樹脂製のブロックに脚板を固定し、そのブロックに脚ゴムを装着する設計。脚ゴムの耐久性が飛躍的に向上します。
■Seat Lock :シート ロック / スクリューロッドとシートをしっかりと固定し、演奏中の安定性を高めるシートホルダー。ベース部が直径22.2mmのパイプ/ロッドに取り付け可能です。 ロッドを点で固定するのではなく、手で握り締めるように面で締め付けることでロッドとシートの一体感を飛躍的に高めます。
また、センターパイプ上部に”溝”付きのベース部(HSB3N/HSB4N)と組み合わせることでシートの”抜け止め”機構を搭載。しばらく使用した後にスローンのシート部分を持ち上げて移動する際に、不意にベース部分が抜け落ちることを予防する機構です。
*ロッド先端に溝が無いベース(HSB3 等)と、このシートホルダーを使用される際には、3mmの六角レンチ(付属しません)を使って、シートホルダー内部にある抜け止めボルトを外してからご使用ください。ロッド先端部が傷つく場合があります)。
■高さ調整幅: 515mm ~ 665mm
■重量: 9.4kg
■ パイプ径 : 28.6mm-22.2mm
■ 4脚部 : ダブルレッグ


ページ先頭へ