EST.1931 Series

UFiP とフェデリコ氏の共同開発による1931 シリーズ登場
今求められているシンバルサウンドがここに

1931Series はモダンミュージックで代表的なドライサウンドを表現且つ、UFiP ならではのトラディショナルサウンドを演出可能な全く新しいシンバルサウンドです。

ライドは繊細な粒立ちからクラッシュの様なサスティーンまでの幅広いスティックコントロールが可能。
クラッシュシンバルはローピッチでダークでありつつ、反応が柔らかく、ほどよい倍音を演出,更に減衰が早く、サスティーンが短めです。
ハイハットはドライなサウンドからキレ味のあるサウンドまで幅広いスティックコントロールが表現可能。
モダンジャズからポップ、アコースティックなどヴィンテージからモダンまで幅広く活躍できるシンバルです。

※在庫があれば数日でお届けできますが、もしメーカー在庫切れの場合は納期にお時間をいただく場合がございます。
お急ぎの際はご遠慮なく在庫状況をお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ