軽さ、耐久性は新基準へ。
長年にわたり小型スピニングリールの中核として君臨してきた名機「CALDIA」。 小型スピニングリール新基準「LT」により、その軽さは新次元へ。 耐久性はマグシールドに加え、タフデジギアを搭載することで長期間の使用や過酷な環境にも対応。 軽く、そして強くという小型スピニングリールの理想形を実現。

ライトたるゆえん
スピニングリールのみならずフィッシングギア全ての課題、 操作性や感度に直結する軽量性。 必要十分な強度を保ちながらも、ボディ、スプール、ハンドルなど各部の見直しによりCALDIAは2500番サイズ以下がアンダー200gという驚きの軽さを手に入れた。

タフな心臓部
理想のリールとは、軽さばかりではない。 過酷な環境に耐え抜く、強靭な心臓部が不可欠だ。 滑らかな回転がより長く続く「タフデジギア」。マグシールドとの相乗効果で、耐久性にも磨きがかかった。

●巻き取り長さ(cm) :75
●ギヤ比 :5.3
●自重(g) :190
●最大ドラグ力(kg) :10
●標準糸巻き量(ナイロン)(lb-m) :4-230 / 6-150 / 8-100
●標準糸巻き量(PE)(号-m) :0.6-290 / 0.8-200 / 1-190
●ベアリング(ボール/ローラー) :6 / 1
●ハンドル長さ(mm) :50
●ハンドルノブ仕様 :T型

超歓迎された 【ダイワ(Daiwa)】18カルディア LT 2500-リール



ページ先頭へ